葬儀の香典の書き方について

葬儀にあまり参列された事のない方は、急に親類や知り合いの葬儀に参列する場面が来たときには、どうしたらよいのかなど悩まれるかたが多く、結婚式などのように日時が指定されていない告別式のために最低限のマナーを知っておく必要があります。
葬儀に参列するにあたり用意するものが香典です。


これは花や線香の代わりに故人の霊前にお供えする不祝儀用の、のし袋に現金を包んだもので様々な宗教によって袋の表に書く表書きも変わり、ちゃんと決まりごとがあり、その為、訃報の連絡を受けた時や告別式を行う会館などで故人の宗教を確認することが大事でその宗教にあわせて香典を用意します。

まず仏教や仏式の場合は香典の表書きには御霊前や御香典、御香料と書き水引には白黒の物や双銀の結びきりを使用します。

最近ではあらかじめ印刷されたものが販売されていますので、それを使われても良いです。

最近気になったお知らせ|千葉の葬儀社 セレモのお葬式 の検索がとっても楽になりました。

そして下の段には会葬者の名前をフルネームで書きます。キリスト教の場合は表書きには御霊前、御花料と書き十字架やユリの花が印刷されたものを使い、これも下の段にフルネームを書きます。

最新の情報で遺品整理 埼玉に関する企業の一覧です。

神式の場合は御神前や御玉串料、御霊前を書きます。この様に御霊前はどんな宗教の通夜や葬儀に使えますので、どうしても故人の宗教が分からない場合は御霊前を使うと失敗がないです。

今、評判なのはこちらの作業の流れ | 遺品整理でお悩みの方は、低価格・安心かつ丁寧なサポートで定評のある「東京遺品整理おはな」への優良サイトならこちらで見つかります。

また様々な理由でどうしても通夜や葬儀に主席できないケースの時には弔電を打ち、お悔やみの手紙と香典をセットにして現金書留で贈ることがマナーです。